2014年4月17日木曜日

HackU出てみた

HackUが学校で開催していたので、出てみました。

※HackUとは
Yahoo! JAPANのエンジニア祭典Hack Dayの学校出張版
三日間×8時間の24時間で何かを作るイベント
詳しくはリンク先参照

yahooが主催しているからか、情報系の人が多くてやっぱりスマホのアプリ関係が多い印象
でも、そういうの完全無視でガジェットを作っている俺らも普通に受け入れてくれてるので、作っているものが面白ければいい感じ
オシロスコープとかガンガン持ち込んでも普通に許されたし、運営の人たちもはんだ付けできるスペースとかいろいろ対応してくれました
当然、yahooの人が知らないことはサポートされないので、注意


作ったものはこんな感じ
当日プレゼン(36:00~)
なんかうまく貼れなかったので、リンク先を見てください



どんな感じで作ったのかスケジュールの公開と、回路とマイコン部分を担当したのでそれについての説明の追加をします。


スケジュール
1日目
 午前: 担当、および予定決め  必要な備品の調達(回路部品とかパソコンのセットアップとか)
 午後: PCとマイコンの間の通信チェックとそれの動作確認  波形出力とかのプログラム作成

2日目
 午前: パソコンのセットアップ
 午後: 波形出力プログラムの動作確認  PCからの信号で波形出力が変わるか動作確認  アプリケーションの案出し  マイコンからの出力で回路が動くか動作確認

3日目
 午前: 俺まさかの遅刻
 午後: PC、マイコン、回路をくっつけて動作確認  実機組み立て  実機の動作確認  アプリケーションの変更  動画撮影

といった感じ
3日目の16:00には実機については完成していて、そのあとはスライド作成



回路はマイコンと昇圧回路でできていて(もっといろいろあるけど)、昇圧回路にはチャージポンプという回路を使っています。
チャージポンプについてはこのページを見ながら作りました。
9V電池×5で45Vを4倍増幅してます。
充放電する時間をうまく利用して、波形の周期をうまく変えてあげることで、微妙に電気刺激するときの強さを変えています。(できているのかよくわからないけど)

ところで、これ交流じゃなくて直流だから電気刺激というよりは感電になってしまっているし、チャージポンプの仕様上タッチした一瞬しか電気刺激を与えられないのはミスでした。
まぁ、反省点ということで


ちょくちょくミスは起こったりしたけど予定の範囲内のことで済んだし、できたものも完成度がすごく高くて個人的には大満足
アイデアと制作過程と完成品がどれもいい感じになって、珍しくすっきり大会を終えられた感じ
馬鹿なものづくりをするの久々で楽しかったし

ちなみに最優秀賞いただきました
イエーイ
関係各所にはマジ感謝です

やっぱり、yahooの人たちはギークな人たちが多いのか、やべぇ!って感想が多かったです(笑)