2014年1月27日月曜日

ゲームと俺のやりたいこと

自分の頭整理記事

結局VR(バーチャルリアリティー)がやりたいっていうのがあって
じゃあ、なにをするのっていう感じ
どうせなら面白いことをしようと思うわけ

で、バーチャルとリアルのコミュニケーションかなっと
正確には、VRって言ったらちょっと微妙な感じになるけど、人間が創造したものを人間と同じレベルまで持ってくるのは面白いと思う

あとは、ネットを使って、リアルとリアルのコミュニケーションはできたから、世の中の流れ的に次はバーチャルとリアルのコミュニケーションかなって

そう思う理由はいくつかあって、
 1.スマホとSNSの普及によるネットを介したコミュニケーションの一般化
 2.人工知能技術の発展(botみたいな人間なりすまし技術)
 3.ライフログ的な人間行動把握技術の発展
を使えば実現可能だから

じゃあ、次にどこがこれをやるかって話ですよ
金にならないなら、社会じゃ誰もやりたがらない
趣味は別だけど、それではハードルが高いし、作るなら大量の人にやってもらいたい

というわけで、ゲーム業界

ゲーム業界は傾きまくりなわけなんだけれども、それがちょうどいい
なぜなら、現状の打開にブレイクスルーが必要だから
たとえ、それがバーチャルとリアルのコミュニケーションじゃなかったとしても、面白いことはできそうだしね

あと、ゲーム業界はバーチャルとリアルのコミュニケーションとの相性がいいと思うわけですよ
ゲームの面白さの一つに「キャラクターに感情移入」とか「キャラクターに共感」するとかがあるわけなんだけども、それの上位互換に当たると思うわけですな
上位互換なら、当然相性はいいはず

あと、バーチャルとリアルのコミュニケーションといったら、なんかキャラクターと人が会話するみたいだけど、それだけじゃなく文化とか世界観とかを共有もうまくすればできるんじゃないかと思ってる

バーチャルとリアルのコミュニケーションによる文化や世界観、価値観の共有についての考えはあまりまとまっていないから、ほわほわしてるけど、できると思ってる
「キャラクターに感情移入」とか「キャラクターに共感」の進化の系統的に横方向に広がるのも可能だと思ってるし
そのうち図でも足してわかりやすくしとく

まぁ、こんな感じ
そもそも根本的にゲーム作るの楽しいからもあるけどさ

思いついたら追記していく形で

2014年1月4日土曜日

2014年 今年の目標一覧

12月に書く予定が忙しくて何も書かないという悲惨なことに

2014年になったから、目標みたいなの書く

・ゲームを2本リリース(できれば+1本)
・人口知能の学習および実装
・機械学習の学習
・月4ぐらいでTED見る(映画の勉強的ななにか)

こんな感じで
あと、しょうもない感じの記事も書いていきたい
毎回真面目な記事だと、俺も疲れるし、読む人も疲れるし、なにより書くことが少ない

去年の目標はなんだったか忘れたけど、納得できるレベルのことはできたから比較的満足

どうでもいいけど、2014って数字がイイ